上尾市の音楽教室 Tutti・トゥッティ/ピアノ・オルガン・リトミック


ブログ

松丸先生のコンチェルト講座【2014/11/26】

今日は北千住の芸術劇場リストホールで松丸弘子先生のコンチェルト講座があり、朝から会場ぎっしりに先生方が集まり熱心に耳を傾けていました。
難曲は年配の先生のピアノとのコンチェルト。
新しく出た『はじめてのコンチェルト』19と20巻の曲は松丸先生の愛弟子の大学生のピアノとのコンチェルト。
今回は松丸先生なりに微妙なところの音色作りにも触れて、エレクトーンの新しい機種の特徴を生かした深い音作りに関しても説明がありました。
そう云えば世界的に有名なオルガ二スト、オリベラ・ヘクターさんも映画音楽を演奏するのに、同じ映画を何回も観に行き、演奏すると云っていました。
ヘクターさんは弦と手が摩擦する私たちには雑音と採れる『音』にも気を配り再現していましたね。
やはり音色つくりは奥が深い!

エボラ出血熱の治療薬【2014/11/23】

これまで西アフリカでの医療活動において、エボラ出血熱に感染した患者4名に日本の薬を投与し、4名とも回復している。
薬は富士フイルムグループの富山化学工業が開発した『アビガン』というもので、今世界各国から期待を寄せられている。
韓国政府も国内でエボラ出血熱患者が発生したケースに備え『アビガン』の提供を要請してきている。
我が日本は勿論この『エボラ出血熱』への対策もできているでしょうし、実にすごい国なんですよね?

静かな名優【2014/11/21】

『黄色いハンカチ』などで出演の高倉健さんが今月10日に悪性リンパ腫で亡くなられましたよね?
架空の人物ゴルゴ13を思わせる俳優この健さんが役柄ぴったりだと思っていたのですが。
『八甲田山』もすごかった。 とにかく静かで真面目、崇高な俳優という印象でした。
なんとなく不死身の俳優を勝手に連想していましたから亡くなられたのを知り、とても残念に思います。
不死身の健さんももう83歳だったとか...
意外に世界の人たちも惜しんでいましたね?

そろそろクリスマスの準備【2014/11/16】

ComodoTuttiのメンバーはここのところ毎週クリスマス訪問のための練習を重ねていますが、11月は各家庭でも七五三の行事などで忙しく集まりも良くありません。
気温がずい分下がってきていますので、風邪などひかないように体調管理をしながら頑張ってもらいましょう!
ただいま練習中の曲は12曲そのほかにいろいろなゲーム用の余興練習もしなければなりません。
短い練習時間でこなすのはとても大変ですが、メンバーたちは飲み込み良く何とかこなしてくれることでしょう!
『拉致被害を考える埼玉県民の集い』ではいまだに会場全体が、涙を流して歌った感動話が語られています。
音楽から人々に感動や癒しを与えることもこのようなボランティアを通じてみんな体験していきます。

今後活躍のマッスルスーツ【2014/11/12】

*今日のニュースではマッスルスーツというものができていて、すでに介護、重量物の移動に使われているようです。
背中に背負い装着するものなんですが、お年寄り同士の介護、また介護施設の場、または各家庭での動けない方のお風呂や移動、さらには農家などの重い収穫物の整とん蓄積などなど。
このマッスルスーツを背負って重いものを持つと、やく半分近くの軽減ができるとか。
これがもっと一般に出回れば、今後の就職にも影響するでしょう。
力仕事が男性しか出来なかった職種もマッスルスーツを装着することにより、男女にこだわること無くいろいろな職種を選択することができますね?
*また先日は血液でアルツハイマーを検知することができると、発表されました。
認知症の薬はまだできてはいませんが、事前に予知することで、その病の発症を遅らせたりできるようです。
だんだんみんなが苦しんでいる事柄の一つひとつを改善、発見し、少しでも幸せにつながることを願っています。

システィーナ礼拝堂の修復【2014/11/01】

システィーナ礼拝堂の天井画などを修復するニュースが飛び込んできました。
本物は見たことはないのですが、那須へ旅行した時にミケランジェロの壁画などを縮小した展示場を見つけ、驚いたものです。
まさしく天井画の「創世記」やアダムの創造などを小さく再現したもので、後に母をこの会場に案内し、母もこの会場がとても気に入り、すごく感心していたのを思い出します。
この時はトリックアートなどの会場もありましたが、那須に行き、母に、これらの見事な壁画を案内でき、会話が弾んだことは、いまだに良き思い出です。
修復には、日本のテレビ局も関わっているとか。
良いものは、きれいにいつまでも保存したいですよね!