上尾市の音楽教室 Tutti・トゥッティ/ピアノ・オルガン・リトミック


ブログ

ピアノの移動【2012/07/31】

預けてあったピアノが帰ってきました。 と言ってもオーバーホールをしなければならないのですが...
普通の調律や調整と違って、保管していた場所が湿度の高い所で何とも哀れな姿(内面)になって来ました。文化教室ではとても乾燥が強く、そのギャップで、黒鍵がパラパラッと取れてしまいました。膠がはがれたのです。
ピアノのこんな姿を見ようとは思いませんでしたが、倉庫に置いていても修理出来ないので、思い切って教室に入れることにしました。
狭い教室が、またまた狭くなり、ガラクタの処理が済むまで、また生徒さんたちに迷惑をおかけ致します。

昨日は芸術劇場【2012/07/29】

昨日(7/28)は彩の国さいたま芸術劇場にてグレンツェン・ピアノコンクール埼玉予選がおこなわれました。
猛暑の中どんどん流れ作業的に演奏は運ばれ、やはり、本選と違い《うなる》ほどの演奏は少なくそれぞれ、緊張でとても演奏者がかわいらしくみえました。
当教室の生徒さんも、自信をもって臨んだものの、いつもは無い、ハプニング、ちょっとした空間が生まれたり、ハラハラしたものですが、講評では『音』のクリアな出し方やリズム感の生きた熱い演奏だったとか、まとめが良いなど誉めて書いてありました。
昨年のリベンジで銀賞を取った生徒さんも本当は金が取れたのでは?とちょっと欲張りたくなります。
グレンツェンコンクールの場合『金賞』『銀賞』『銅賞』『優秀賞』『準優秀賞』の順位で賞が出ます。
予選があり、本選があり、地区大会があり、そして、全国大会です。
昨年は、東京地区大会までは進んだのですが、あと一歩で全国大会を逃しました。
毎回思うのですが、本番を平常心で弾ければ、それで結果は出てくるはず。
なかなか平常心で臨んだつもりでも...むずかしいものです。

ハンドベル練習【2012/07/24】

猛暑の中、ComodoTuttiのメンバーはボランティアに向けて、ハンドベルの練習をしています。
曲のレパートリーもだんだん増え、楽しく練習するのは良いのですが、訪問先へ行けない人も出てくるので、その度に音の編成組み直しです。
せっかく覚えた自分のパートもその度に覚えなおし、それでも仲間は不平をいわず、頑張っています。
写真は、熱気ムンムンの狭い教室での練習風景です。

上尾夏祭りは暑かった【2012/07/17】

7月15日今年の上尾夏祭りは昨年にも増して暑かったように感じました。
教室に12時集合でComodoTuttiのみんなは1回練習して西口会場に行きましたが、電子オルガンを運ぶ人が熱中症でダウンしどうなることかと、心配されましたが何とか、みんなで協力し、時間までに運ぶことが出来ました。
ComodoTuttiのみんなは慣れたもので、さっさとハンドベルをかついで現地にいってくれました。」
今年も演奏はばたばたと風にあおられ、せっかくのみんなの力を思うように活かしきれなかったのが残念です。
これは私達大人に責任があるようです。
いろんな場面を、反省ししっかり、次回につなげねばなりません。

七夕【2012/07/07】

今日は七夕です。
昨日(金曜)から笹を採ってきて飾り、昨日今日と2日しかありませんでしたが、ハンドベルの練習で集まったComodoTuttiのメンバーたちも手伝って25枚ほどの願いの短冊を飾る事ができました。
今日から8月の七夕まで飾れるとよいのですが...邪魔ですかね?